親和クリニック情報 江戸川区 整形外科 スポーツ整形 禁煙外来 睡眠時無呼吸症候群 巻き爪治療 日曜診療:東京都江戸川区平井にある親和クリニックです。整形外科、スポーツ整形、内科、リハビリテーション科などがあります。

Home > 靴外来

2月以降の靴外来

みなさん、こんにちは。

 

今日は親和クリニックの靴外来についてインフォメーションをさせていただきます。

 

これまで親和クリニックでは、もう5年以上も前から

靴の専門外来を開催し、多くの方に靴とインソールを提供してまいりましたが

より専門性を極めるという観点から

靴外来部門を両国あしのクリニックに移転することにいたしました。

 

来月2月から、完全移転いたします。

両国あしのクリニックには、より足を専門的に診療してくれる

近藤医師がおりますので

更にクオリティーをアップして、皆様に満足していただける靴を

ご提供できるのではないかと思っております。 

 

両国あしのクリニックでの靴外来のご予約、お問合せについては

別に事務局を設置しておりますので

下記にご連絡いただきますようお願いいたします。

【ご予約・お問合せ】
フスウントシューカルチャー本店   お電話 03-5806-3393 

 

親和クリニックでの靴外来、これまでのたくさんのご利用ありがとうございました。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

2009年01月19日

インソール(中敷)が肝です

みなさん、こんにちは。

今日は靴のインソールについてお話します。

親和クリニックでは、基本的に毎月第一、第三金曜日の午後に

靴外来を開催しています。

足の疾患などで靴に困っている方に、靴・インソール(中敷)のオーダーメイドで応える専門外来です。

この靴外来でご自分にあった靴を作ることで

足のトラブル改善が可能になるわけですが、

肝(きも)はなんといってもインソール(中敷)です。

 

靴も大切ですが、(もう一度言います)インソールが重要なのです。

 

足の裏には縦横に三つのアーチがあります。

このアーチが土踏まずの形状を作ります。

 

アーチはそれぞれがバネのように作用し足にかかる重力を上手に吸収し、分散させています。

そうそう、クッションのような役割をしているのです。

 

あしのアーチ

 

この足裏のアーチが何らかの原因で崩れてしまうとクッション性が悪くなったり

荷重のバランスが悪くなったりして、足に思わぬ負担がかかってしまいます。

 

足のトラブルにはこのアーチ構造と大きく関連しているのです。。。

と言うわけで、

このアーチを正常に保つことが非常に、非常に大切なわけです。

それに対応できるのがインソール(中敷)というわけです。

ですから単に足の大きさ、足幅に合った靴を選んで履けばいい、、、というだけでなく

あわせて足裏のアーチの問題をしっかりサポートし改善することが肝なのです。 

 

このインソール作りですが

左右の足、ともに足型を取り(フットプリントやトリットシャウムを使用)、

フットプリント

 

専門の製作業者がそれらを元にインソールを手づくりで作り上げていきます。

インソール製作

 

そして価値ある「あなただけ」のインソール(中敷)が出来上がってきます。

インソール

 

履くと気持ちいい感覚もあり、何となくうれしくなります。 (私も一足作りましたのでわかるんです・・・)

インソールと靴をそれぞれオーダーしますとやはりそれだけ価値のあるものですから

安くはありません。(でも保険が利きますので負担は軽くなります)

むしろ高いです!

しかし、自分の足や体、悩みの解決のために、価値ある投資をすること、

これって贅沢な自分へのご褒美とも思えませんか?

ですから、そう思える方は是非この靴外来をご利用なさるといいと思います。

 

詳しい情報は靴外来のページをご覧下さい 

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、特殊外来(靴、フットケア、巻き爪治療、ED、AGA)などの診療をしています
 
 

 

2008年08月09日

自分に合った靴が作れるんですか?

みなさん、こんにちは。
今日は靴についてのお話です。

 

日本は靴の文化が到来してからまだ歴史が浅いせいか
欧米に比べ、足や靴に関するケアが不十分だといわれています。
「フットケア」という言葉も、ここ2~3年でやっとマスコミに取り上げられるなどして
世間に認知されるようになりました。

 

最近は、そういったマスコミの情報を得て
ご自分の足、靴などに興味をもたれる方が増えてきました。
これは大変よいことだと思います。

 

足にはいろいろなトラブルがつき物です。
外反母趾、偏平足、内反小趾、内反足、巻き爪、陥入爪、白癬(水虫)、
足のたこ、魚の目、・・・など
とくに女性で言いますと先のとがった靴やハイヒール、
(これは現役の方だけでなく、昔、OL時代に経験している方も含まれます)

外反母趾のレントゲン写真


ケアの方法としては
たとえば、巻き爪であれば、ワイヤー治療などで爪を矯正していったり
たこや魚の目であれば、患部を削ったり、というのが一般的です。
もちろん親和クリニックでも行っています。

 

しかし、ケアをしてもまた同じ問題が生じることも多く、
その場合は靴そのものを見直す必要があるのです。
そのとき、自分にあった靴をつくることを選択することになります。
詳しくは親和クリニックの靴外来のページをご覧ください。

 

この靴外来ですが、大切なポイントは靴の中敷(インソール)です。
ご自身の足の形状、体重のかかり方などを確認し、
それに合ったインソールを作成することが可能です。
問題の多くはこれで解消すると考えていいかと思います。

フットプリント
インソール製作
靴完成


足のトラブルでお悩みの方は、
フットケア外来、靴外来を受診してみてはいかがでしょうか。
「もっと早く相談しておけばよかった」とおっしゃる方が多いですよ。

 

まずは、お電話でお問い合わせください。親和クリニック03-3684-7150


江戸川区平井にある親和クリニックでは
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、特殊外来(靴、フットケア、巻き爪治療、ED、AGA)などの診療をしています。

2008年07月28日

靴外来が紹介されてます

みなさん、こんにちは。

お暑うございます。

さて、前にもブログで書かせていただきましたが、ここ最近、フットケアや靴外来が巷で注目され、親和クリニックや両国あしのクリニックなどで行っています、靴外来(専門外来)が取材され、情報誌に掲載されています。

こちらをクリック→DIME(NO16,17/8月7日発売号小学館より発売

この中で「専門外来」の特集が組まれていますので必見!です。

けっこう足のトラブルで悩んでいる方が多く、でもどうしたらいいのか、どこでみてもらえばいいのか、・・・などと迷われるケースも少なくないようです。

親和クリニックでは、4年前からあしに関する専門的な治療、ケアを提供するようになりました。

フットケア(ドイツではフスフレーゲといいます)・・・タコ、マメ、魚の目、角質、爪の変形、巻き爪【VHO式ワイヤー矯正術】

靴外来(靴とインソール・中敷きのオーダーメイド)・・・外反母趾、扁平足、指の変形による不具合、その他足の痛みに対して対応可能なものあり

このように、あしに関するお悩みをお持ちであれば、親和クリニックにご相談下さい。
問題解決に一歩近づくことと思います。

【お問合せ】親和クリニック03-3684-7150

 

※親和クリニック以外でフットケアや靴外来を受けられるクリニック・関連クリニックのご紹介・・ 両国あしのクリニック、あやせ駅前整形外科・内科

2007年08月10日

8月の靴外来

0d9521bb.JPG

8月の靴外来日程

8月は10日(金)、31日(金)の午後3時~

靴(靴外来)やあし(フットケア)は、最近マスコミなどでもよく取り上げられるテーマになっているようです。



やっと、日本人もあしに関心を持つようになってきたということでしょうか。。。

「靴」文化の歴史はまだ浅いものですし、そもそも大昔から草履や下駄で過ごしていたわけですから、当たり前といえば当たり前です。

どうしてもファッション性が重視される「靴」も、それが影響して、あしにトラブルを抱えるケースが多くなり、やっぱり機能性を重視した靴、自分のあしに合った靴、というものに価値が置かれるようになって来ました。

有名デパートなどではシューフィッターが、靴選びに一役買っているようです。
これも大切なサービスだと思います。

親和クリニックの靴外来は、靴の選定だけでなく、中敷き(インソール)を重要視しています。足の形状(足の縦横のアーチ、土踏まずの状態)重心のか かる足裏のポイントなどを勘案し、手作りで中敷きを製作します。出来上がりは非常にフィット感にすぐれ、心地よさを実感できることと思います。

足にトラブルがあり、靴外来に興味のある方は、靴外来を受診してみてはいかがでしょう。

靴外来の詳しい説明はこちらから

☆お問合せ・ご予約は・・・親和クリニック03-3684-7150

2007年08月03日

7月の靴外来

7月の靴外来日程

7月6日(金)、20(金)の両日共に午後3時~

靴外来は予約制ですので

ご希望の際は、予めお問い合わせ下さい。

親和クリニック03-3684-7150

2007年07月03日

靴外来が注目されています!

9e9f8bea.jpg

ただいま、靴外来が巷で注目されています!

実は、ここ最近、親和クリニックの靴外来に対する取材依頼が2件ありました。

(2件共に同法人の両国あしのクリニックにその掲載を譲る形になりましたが)

ひとつは日本経済新聞の日曜朝刊医療面(19.6.3掲載)、ユニークな外来として「靴外来」が取り上げられました。

もうひとつは、近日中に発売される“美人計画”という女性雑誌に「靴外来」を取り上げたいと・・・

フットケアや巻き爪の矯正治療、靴外来など足のトラブルに関心が寄せられているようです。

私共、親和クリニックでは、こういったフットケアを5年前から取り入れ、これまでにかなりの実績を積んでまいりました。(けっこう自信有!です)

足にはいろいろなトラブルがつきものです。

タコや魚の目、角質、爪の変形、巻き爪、陥入爪、外反母趾、偏平足、痛みやむくみ、静脈瘤・・・などなど

気になる症状があったり、心配なことがあるようでしたらお気軽にお問い合わせ下さい。

【親和クリニックや両国あしのクリニックでできるフットケア関連のサービス提供項目】

フットケア(専用の器械を使用)、巻き爪のワイヤー矯正(VHO)、靴(中敷き)のオーダーメイド作成など

2007年07月02日

6月の靴外来

6月の靴外来は

8日(金)、22日(金)の午後3時~

専門外来のため予約制としております。

受診ご希望の際は、事前にお電話でお問い合わせいただけますと助かります。

親和クリニック03-3684-7150

2007年06月02日

5月の靴外来

5月の靴外来は

5月11日(金)、25日(金)の午後3時からです。

※靴外来は、予約制ですので事前にお電話にてお問い合わせ下さい。

電話03-3684-7150

【靴外来】

足の疾患(扁平足や外反母趾、糖尿病など)のため、“なかなか自分に合う靴が見つからない”と困っている方に、靴やインソール(中敷き)をオーダーメイドの製作で応えるのが親和クリニックの靴外来です。
靴外来日に医師の診察後、整形靴技術者が採寸・採型をします。
どうぞお気軽にご相談下さい。

2007年04月25日

靴外来

4月の靴外来

4月6日(金)、20日(金)のそれぞれ午後3時~

「足への気づかいはできていますか?」

日本での靴文化は世界的に見るとたいへん浅く、そのせいか、靴や足に対しては意外なほど無頓着な方が多いように感じられます。自分の足に合わない靴 を履いている方が結構多いのではないでしょうか。これは問題です!(汗) なぜかというと、それが原因で足にマメや靴づれ、その他様々なトラブルを引起し ますし、場合によっては膝痛や腰痛などにも関係してくることがあるからです。ですから、「とにかく安いもので履きつぶし!」などといって安易に考えている と後からいろいろと問題になってくるのです。

この靴外来は、足にトラブルのある方に対し製作するわけですが、靴が出来上がって実際に履いていただくとその快適さに皆さん満足されます。特徴はインソール(靴の中敷き)です。個々の足の形状、問題点に対応しちょうどいいフィット感に仕上げるのです。いいですよ、ホント。

百貨店などシューフィッターによる靴の相談では対応しきれない、オーダーメイドの靴外来があります!

この靴外来は、足のトラブルでお悩みの方にはたいへん利用価値が高い!と思います。

当院の靴外来は予約制になっています。ご希望の場合は事前にご連絡下さい。

親和クリニック靴外来TEL03-3684-7150

2007年03月28日

3月の靴外来

3aabfb34.JPG

今日から3月になりました。
花粉の飛散は例年より少な目といいながらも、アレルギー体質の方には辛い時期となっているようです。
ピークは3月上旬までとのこと。
マスクやメガネでの予防と薬の服用で上手くこの季節をのりきって下さい!!

 



【3月の靴外開催日】

3月2日(金)、16日(金)のそれぞれ午後3時~

足のトラブルでお悩みの方、専門技術者による靴外来でご自分にあった靴を作ってみませんか。。。

ご希望の方は予めご連絡をいただけますと助かります(予約制)。

03-3684-7150 

2007年03月01日

2月の靴外来

42004d09.JPG

靴外来日程:2月は2日、16日の午後3時~

靴外来とは・・・

足の疾患および靴に困っている方々の要望に、靴・インソール(中敷)のオーダーメイドで応える専門外来です。
整形外科靴技術者チームが靴・インソール(中敷)の注文を承り製作しています。

受診から出来上がりまでの流れ

①まず、お電話等で靴外来のご予約をお願いします。

②予約日時にあわせ、ご来院下さい。

③医師の診察および靴専門の技術者による採寸、採型などをします。また、お好みの靴をお選びいただきます。(靴製作のコストなどの説明をうけ、2週間後の予約をします。靴外来当日はここまで! )

④2週間後、再受診時に完成しました靴(インソール)を履いて確認します。問題なければ、お持ち帰りできます。このとき、会計(靴の代金は一次全額立替となります)とあわせ書類もお渡しします。

もし、完成した靴の微調整が必要な場合は、申し訳ありませんが再調整し、また後日のお渡しとなります。とにかく靴が良い状態に仕上がるまで対応します!(汗)

⑤実際に靴を履いて生活して下さい。きっとオーダーメイド靴のよさを実感できると思います!   そして、保険手続きをし、還付金を受領して下さい。

詳しくは⇒HP

《写真は実際に靴外来で製作しましたオーダーメイド靴です》

2007年01月30日

新年1月の靴外来

1月の靴外来日程

1月5日(金)、19日(金)のそれぞれ午後3時からとなります

靴外来をご希望の際は予めご連絡下さい。ご予約をお取りいたします。

2006年12月27日

9月の靴外来日

6b4c91ff.JPG

9月の靴外来日

9月8日(金)、22日(金)それぞれ午後3
時~。

外来日によって、受診を希望される患者様で混雑することがございますので、なるべく事前にご連絡をいただき状況をご確認の上ご来院下さい。

*足のトラブル・相談内容によって、①靴そのもの(インソール:中敷きを含め)を製作するかまたは、②すでにお持ちのご自身の靴に対しインソール(中敷き)のみを製作し装着する、というどちらかの方法で足や靴関するお悩みを解消したします。

どうぞお気軽にご相談下さい。

2006年09月04日

6月の靴外来

b9a222ee.jpg

6月の靴外来は9日(金)、23日(金)を予定しています。


※両日ともに午後3時から行ないます。ご希望の場合は事前に確認のお電話をいただけると助かります。

5月の靴外来は、多くの患者様が受診され、ご自分に合った靴を作ることができたようです。
また、千葉や埼玉など遠方からもご来院いただきました。ご利用いただきありがとうございました。



親和クリニックの靴外来は、診察及び採寸から、靴が出来上がるまでに2週間ほどお時間をお時間をいただいております。やや長い時間お待たせしてしま うのですが、これは採寸したデータをもとに工場にて専門のシューマイスター(職人)が手作業でインソール(中敷き)の製作をしているためです。やはり、足 には個人差がありますので、いい物をつくろうと思うと通常の生産工程で・・・と言うわけにはいかないのです。私も何度かこの製作現場を見に行っています が、職人技、「匠」ってやつです。そして、フットケアの文化をもつドイツから専門のスタッフをよんで製作しているのです。

2006年05月27日

5月の靴外来

5月の靴外来のご案内

5月は12日(金)・26日(金)、両日ともに午後3時~開催いたします。

2006年05月08日

Yahoo検索 

YAHOOにて “靴外来” で検索すると我が親和クリニックのホームページがトップでヒットしています!これはめでたい!

これからもこの靴外来が足の悩みで困っておられる患者様にご利用いただけるよう一生懸命取組んでまいりたいと思います。

2006年04月15日

靴外来4月の予定

靴外来4月の予定

4月は、7日(金)、21日(金)の、それぞれ午後3時から

両日とも、外来及び採寸作業を行なっております。待ち時間緩和のために、予約制をとらせていただいておりますので事前に靴外来の予約のお電話をいただけると助かります。

2006年04月07日

あしのトラブルと靴

あしを守り、快適な歩行をサポートし、そしてあしや膝の痛みにも係わる「靴」について皆さんどれくらい意識し注意を払っているでしょうか・・・。

日常、たいへんにかかわりの強い「靴」ですが、おそらく特に気にすることなく履かれていることと思います。

フットケアの先進国ドイツでは、子供時分から、親があしに合った靴を意識して選び正しく履かせ、合わせて歩き方も教育するそうです。

度々ご案内させていただいていますフットケアに合わせてあしのトラブルにたいへん有効なのが、実はこの靴による治療です。

ハイヒールやおしゃれ靴が多く出回り、機能性よりもファッション性を重視するあまり、あしに合わない靴を長く使うことで生じるトラブルが非常に多くなっているのです。

親和クリニックでは、フットケアと合わせて靴の専門外来を設けています。

その人に合った靴、治療を目的とした靴を専門業者と協力して製作します。
その人の足の形状、体重のかかり方や足の症状をもとに靴を選び、インソール(靴の中敷き)をしっかり作り込みますので、出来上がりはとてもフィット感のある気持ちのいい履き心地が実感できます。

歩いていても安定感があり、痛みの症状も改善します。

 

こ んなことを言う先生がいました。
「日本人はいくつもブランド物のバックを何万円も出して買い込むが、本当に大事な靴にはお金をかけようとしない。物の価値 を見極め必要なものにしっかりと投資をすることが大切です」と・・・。
そう考えると、従来の靴を買う感覚としては少々値が張ると思われるかもしれません が、実は安い買い物なのかもしれません・・・。

2005年12月15日

Entries

Archives