親和クリニック情報 江戸川区 整形外科 スポーツ整形 禁煙外来 睡眠時無呼吸症候群 巻き爪治療 日曜診療:東京都江戸川区平井にある親和クリニックです。整形外科、スポーツ整形、内科、リハビリテーション科などがあります。

« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月30日

サービス向上委員会

みなさん、こんにちは。


どこのクリニック、病院でも同じことでしょうが、

曜日や時間帯によって診察が混雑し、

待ち時間が長くなることが多々あります。


患者さん側もクリニック側も 立場は違えど悩みは同じこと。

 

そこで、親和クリニックの新しい取り組みとして

診察の混雑状況をある程度予測できるよう

待合室に向こう2週間程度の診察スケジュールを患者さんに告知するサービスを

試験的に実施してみることになりました。

 

P7290815.JPG

 

例えば来週の月曜は午前の何時に〇〇先生の外来では

手術の予約が入っているようなので、その時間帯は診察は難しいなぁ。。。

とか、

何時ごろは〇〇先生の外来で胃カメラ検査の予約が入っているようなので

その時間の診察は避けたほうがよさそう。。。

 

などとクリニックの近未来の外来の状況を知っていただき

あまり不用意に待つことなく受診してもらおうというわけです。 

 

P7290817.JPG


はたして、うまく行くのか・・・

やってみないとわかりません。

現場から出てきた良さそうなアイデアを早速取り入れてみる。。。いいですねぇ・・・

 

少しでも患者サービスにつながればいいと思っています。

 

何はともあれ、まずはやってみて

効果があれば改良しながら継続してみたいと思います。。。

 

今日は、親和クリニックの「サービス向上委員会」の取り組みの紹介でした。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。  
 

 

投稿者 ikumei : 11:46

2009年07月29日

江戸川区国保特定健診

みなさん、こんにちは。


メタボリックシンドロームという言葉もだいぶ世に浸透してきたようで

従来の一般的な健診もメタボ健診などと呼び名が変るほど

メタボが注目を浴びるようになりました。


江戸川区でも昨年度より

65歳以上の熟年健診(高齢者健診)が、そのメタボに関する国策の影響を受け

「特定健診」という位置づけで

新たな制度の下、2年目を迎えようとしています。

 

それでこの江戸川区国保加入者の特定健診についてですが

対象者は

・江戸川区在住の65歳以上74歳までの方(国保健診)

・江戸川区在住の75歳以上の方(長寿健診)

この健診実施期間はどちらも

・平成21年8月1日~10月31日

です。

これらの健診を受診するためには

江戸川区から郵送される「受診票」を健診の実施医療機関持参する必要があります。


健診は無料で受けられますので

この機会に受診してみてはいかがでしょうか。


※国保健診のご案内 →親和クリニック江戸川区国保特定健診 

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。  
 

投稿者 ikumei : 11:13

2009年07月24日

拝啓 新人の皆様

みなさん、こんにちは。


私ども東京育明会では

新人スタッフ研修(オリエンテーション)を実施しています。


この親和クリニックにも、今年の春入社のスタッフが

何人かいるのですが、

新人スタッフ向けのオリエンテーションが

やや先延ばしになり、この時期になってしまったんです。。。

 

P2009_0724_163208%E6%96%B0%E3%82%AA%E3%83%AA7.24.JPG

 

今日のオリエンテーションは3名。 

3人とも親和クリニックのスタッフです。

 

みんな笑顔で、しっかり研修に取組んでいただけました。


研修内容は会社概要から始まり、コミュニケーション研修、接遇研修なども

実施していきます。

 

今日はあるセッションで 

「うまく行く」ってどういうこと?

ということについてみんなで意見交換をしてみました。 

 

P2009_0724_163242%E6%96%B0%E3%82%AA%E3%83%AA7.24.JPG

 

・みんな笑顔でいられること

・目標・目的を達成すること

・我慢しないこと

・意見のすりあわせができること

・多くの患者さんに来院していただき健全経営ができていること 

・協力

・感謝

・計画と実行

・報告、連絡、相談ができていること

・健康でいられること

 

などなどいろいろな意見が出てきました。

素晴しいです! 

 

大事なのは答えを探すことよりも

「自分の考えを整理すること、他人の意見を聞き受け入れること

自分と他人の価値観を互いに確認しあうこと」

なんだと思います。 


みんなで「うまく行く」ように取組もうではないか!!

 

今日もいい勉強になりました!

 

新人スタッフの皆さんに感謝です。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

投稿者 ikumei : 17:47

2009年07月21日

陥入爪にもワイヤー治療が可能です

みなさん、こんにちは。


親和クリニックではVHOワイヤーによる巻き爪矯正治療を行っています。

「巻き爪」は爪の変形なのですが

それとは別に「陥入爪」というタイプのものがあります。

 

P7150803.JPG


爪を短く切り込んでしまっています。

深爪+バイアス切りを繰り返してしまっていたようです。


P7150804.JPG

 

ついには、爪の内側の部分が化膿してしまうようになって・・・

やはり痛みが気になり、思い切って来院された患者さんの例です。

 

この陥入爪の状態でまた更に爪を斜め切りしてしまうのはご法度です。

ここは、爪を切らずにVHOワイヤー矯正を行うのが効果的です。

この場合、むしろ「爪は伸ばしていく」ということが今後のポイントになるんです。

爪の正しい切り方をマスターすることが重要です→足の爪の切り方

 

 
P7150805.JPG

 

VHOワイヤーをかけました。

 

P7150806.JPG


爪の根元のほうにワイヤーをかけて食い込んでいく爪の圧を解放してあげるイメージです。

 

ワイヤーをかけた後は、

爪が食い込むことによって出る痛みの症状はだいぶ軽減されます。

このVHOワイヤーは痛みの症状に対しては即効性があります。

このこともVHOワイヤー治療の特徴と言えます。

 

この患者さんの治療経過が楽しみです。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。   

投稿者 ikumei : 17:08

2009年07月15日

花火大会情報

みなさん、こんにちは。

 

もう、関東は梅雨明けだとか・・・

しばらく、かなりの暑さが続くようですね。

 

気のせいでしょうか、こんな時期にもかかわらず、風邪をひいて

内科を受診される患者さんが多いように感じます。 

夏風邪って奴ですが、

けっこう症状が長引くこともあるようですので

皆さん注意してください。

 

それで

花火大会の情報をいくつか紹介します。

 

●7月21日(火) 19:20~  葛飾納涼花火大会

●7月23日(木) 19:00~  足立の花火大会

●7月25日(土) 19:00~  隅田川花火大会

●8月 1日(土) 19:15~江戸川区花火大会

 

花火大会、けっこう楽しめます。 

また花火大会で暑さも少々和らぐのではないでしょうか。 

 

花火を考え出した昔の方々に感謝!です。

  

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。 

投稿者 ikumei : 12:08

2009年07月09日

親和クリニックのミーティング風景

みなさん、こんにちは。


親和クリニックではスタッフミーティングが頻繁に開催されます。

巷では、ミーティングが多い会社や組織を否定するビジネス本などもあるようですが

基本的に組織が何か目的を持って取組もうとするならば

適宜、ミーティングの開催をすることは

たいへん有効で、むしろ大歓迎!!といったところです。

そして、大切なのは回数の問題ではなくて

その中身、内容、スタッフの意識レベルということを感じている今日この頃。。。 

 

今日は、「医療サービスの質の向上」チームと

「クリニックのPR強化」チームが 

それぞれミーティングを開催していました。

 

P7090800.JPG


中堅、ベテラン職員も、新人職員も対等に意見を交換しています・・・

 

P7090802.JPG

 

活発に話し合われ、意見を集約していっているようです。。。

 

P7090801.JPG


これらの会議中に、

このチームに該当していないスタッフ(別のチームに所属)から

報告が入りました。

「会議中の2チーム、どっちもすごく白熱してます!!」と。

 

いいですねぇ~。

仕事中に仕事の話で盛り上がるとは・・・

 

やるな、御主。。。 

 

なかなかできることじゃないっすよ!

 

業務外の飲み会、しかも適度に酔ってから、

よく仕事の話で盛り上がっているのを見ることはありますが・・・

(他社でもけっこうよくあるパターンじゃないですか?) 

 

 

日々前進!

 

会議参加のスタッフの皆さんに感謝です! 

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。 

投稿者 ikumei : 14:30

2009年07月08日

日経ヘルスケア7月号に載りました

みなさん、こんにちは。


親和クリニックでは、患者接遇(応対)のレベルアップにも

注力しておりますが、

その「接遇」に関する取組みについて日経BP社より取材を受け

このたび日経ヘルスケア7月号の記事で紹介されました。

 

0907hyoushi%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%A2.jpg


この号の53ページからの「リポート」内で

患者接遇の取り組みに関する記事が掲載されており、

その中で親和クリニックが紹介されています。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

目指せ! 接遇先進クリニック
応対術を磨き、根づかせる手法とは
ロールプレイングなどの仕掛けづくりが鍵


接遇教育を実施しても、なかなか効果が上がらない─。そんな悩みを抱える診療所の院長は少なくない。職員に患者応対の技術を身につけさせ、維持していくには、それなりの仕掛けが必要になる。先進的な取り組みをしている診療所のケースから、そのノウハウを探った。
日経ヘルスケアサイトより )

 

こういった記事が世に出ますと

患者さんたちの目や今後の評価が気になってしまうところです・・・

俗に言うプレッシャーって奴でしょうか。(笑と汗)

 

いやいやそんなものには負けず、より質のよい患者応対(患者接遇)が

継続していけるよう、クリニック内での精進を重ねて参る所存です。


お気づきの点がございましたら

ご指導、および叱咤激励を賜りますようお願い申し上げます。


皆様に感謝!です。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。 

投稿者 ikumei : 12:19

2009年07月06日

ウィンブルドンテニス

みなさん、こんにちは。


昨日の深夜、ウィンブルドンテニス男子決勝。

ロジャー・フェデラー対 アンディ・ロディックの試合、すごかったです。

フルセットの末、フェデラーが6度目の優勝、4大大会では通算15勝。

間違いなく史上最強の王者といっていいと思います。 

しかも28歳。

正直、そうは見えません。。。

 

フェデラーといえばバックハンドショットでしょうか。。。

実はこのバックハンドショットが整形外科的には

テニス肘というテニス特有の痛みの原因になることがあるんです。 

 

テニス肘
上腕骨外側上顆炎とも呼ばれます。手や手首の使いすぎによって、肘の周囲に痛みの症状が出ます。テニスでのバックハンドショットのし過ぎによって起こすこ とが多いことからテニス肘と呼ばれていますが、テニス選手だけでなく手をよく使う仕事をしている人にも起こります。ひどくなると日常動作(ぞうきんをしぼ る動作、ドアノブをまわす動作、手さげバックを持つ動作など)でも痛みを生じます。

(親和クリニックホームページより)


ですから、

テニスを楽しむ際は、

特にこのバックハンドショット、

フェデラー気分に浸りたくても(気持ちはすん~ごくわかりますが)、

ちょっと気をつけてください。

過度のショットは肘(上腕骨外側上顆)にかなりの負担をかけてしまいます。

そして一旦痛みが出てしまうと、

その痛みがなくなるまでけっこう時間がかかることもありますので 

無理な練習は禁物です。


テニス肘の症状がある方、気になっている方は

親和クリニックの整形外科にてご相談下さい。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。  
 

 

 

投稿者 ikumei : 10:11

2009年07月04日

最近、肩が痛くて・・・

みなさん、こんにちは。


「最近、肩が痛くて・・・」なんてことはありませんか?

うでを特定の方向に動かすと肩が痛む、

たとえばジャケットのポケットに手を入れようとした時や

ズボンの後ろのポットに入れた財布を取ろうとした時など

いつも肩が痛むような場合・・・

四十肩、五十肩の初期症状かもしれません。

 

肩に痛みを起こす病気で一番多いのが、この 四十肩、五十肩です。

五十肩は50歳代での発症が多いのですが、最近は

30歳代、40歳代で発症する人も増えています。 

若い人でも肩に痛みがあれば、きちんと対処することが大切なんです。

 

またこの四十肩、五十肩は時に 突然激しい痛みを起こすことがあります。

四十肩、五十肩の急性期にあたるものですが

ちょっと動かすだけでも、また寝ていても、肩の外側や前面などに激痛を起こします。

 

こういった急性期における四十肩、五十肩にはやはり

痛みを我慢せず整形外科を受診し、消炎鎮痛剤を処方してもらうなり

場合によっては肩関節に痛みを抑える注射をするなどの治療をすると

鎮痛効果が期待できます。

※詳しくは →四十肩、五十肩治療

 

肩の痛みがなかなか取れない、動かすと肩に痛みや違和感がある、

などの症状をお持ちの方、 四十肩、五十肩かも知れません。

心配な方は親和クリニック整形外科を受診してみてはいかがでしょうか。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。       
 

 

投稿者 ikumei : 09:20

2009年07月03日

AGAをご存知ですか?

みなさん、こんにちは。


親和クリニックではAGA(プロペシア)外来を行っています。

AGAとは、男性型脱毛症のことです。

AGAは他の脱毛症とは異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が

どちら一方、または双方から薄くなり、進行していくのが特徴です。

若くして髪の毛が薄くなってしまった方などは

まさしくこのAGAと言っていいでしょう。

それでこのAGAですが、先述の通り、うれしくないことに進行性なんです。

ですから放っておくと症状が進んでいきますので

気になっている方は早めにケアすることが大切です。 

 

最近は、このAGA治療が認知されてきたように思います。

CM、雑誌などでもPRが盛んに行われていますので その効果なんだと思います。

親和クリニックにももう数十名の患者さんがこのAGA治療で通院されています。

AGAで悩んでいる方、まずはお気軽に親和クリニックAGA外来にご相談下さい。

 

詳しくは →AGA(プロペシア)外来 

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。     

 

投稿者 ikumei : 09:29

Entries

Archives