親和クリニック情報 江戸川区 整形外科 スポーツ整形 禁煙外来 睡眠時無呼吸症候群 巻き爪治療 日曜診療:東京都江戸川区平井にある親和クリニックです。整形外科、スポーツ整形、内科、リハビリテーション科などがあります。

« 2008年09月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月28日

インフルエンザ予防接種予約受付

みなさん、こんにちは。 

もう今週末は11月に入ります。

早いものですね。

あと60日後には年越しの準備をしているわけですから・・・

さて、 それにあわせていよいよ冬のシーズンに向かっていくわけですが

やはり気になるのはインフルエンザの流行についてです。

今年の流行予測はまだ発表されていませんが

新型インフルエンザ、鳥インフルエンザについてのニュースや注意喚起の報道は

夏の時期からやっていましたね。

これはたいへん怖い存在です。

食糧や日用品の備蓄、マスクを備えておこう、、、などと

メディアでも盛んに言っていますので、

私たちも例年よりは、まじめに考えたほうがよさそうです。

 

というわけで、

インフルエンザの予防接種ですが

特別な理由や事情がない限りは

なるべく受けておいたほうがいいのではないでしょうか。

そして、うがいと手洗い、普段からなるべく人ごみは避ける、マスクで防御する、

乾燥時期になれば、保湿する・・・などの基本的な予防対策も忘れずに!

これらの予防対策、とっても大切です!! 

 

親和クリニックではインフルエンザ予防接種の予約を受け付けています。

ご希望の際は、お電話(03-3684-7150)か、クリニック窓口でにてお問い合わせ下さい。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 18:42

2008年10月27日

巻き爪のワイヤー治療

みなさん、こんにちは。

最近は、テレビなどでも

巻き爪のワイヤー矯正を紹介した番組などが

放送されたとかで

大勢の方に、巻き爪のワイヤー矯正が認知されてきたようです。

 

その番組では、

どうも「マチワイヤ」による巻き爪矯正の話だったようで

それ以来、親和クリニックで行っているVHOワイヤー矯正への問い合わせが

一時期よりも随分と減ったように感じます。 

テレビの影響はすごいんですね。。。。

 
※今年の夏ごろ、日本経済新聞にも巻き爪矯正治療の記事が掲載されていました。
マチワイヤとVHOワイヤーを比較する記事だったと思います。
これは、それぞれの治療の特徴を説明していたので患者さんには参考になったのではないでしょうか。。。

 

実は、親和クリニックには

以前マチワイヤで矯正治療をされていたという方もよく来院されます。 

どうも話によると

「治療効果が上がらなかった」 、「爪を伸ばし続けるのがストレスだ」

などとおっしゃる方も多く、

VHOワイヤー治療にたどり着くケースも少なくないのです。

 

【マチワイヤで矯正治療をしていた患者さん】

P1290421a.jpg

P1290422b.jpg

  

巻き爪の矯正治療は

このVHOやマチワイヤの他にも幾つかあり

それぞれ一長一短がありますので

どの方法がいちばんいいのか、ということは一概には言えません。

親和クリニックで行っているVHOだって、

他のあの方法よりいい、、、などということも

言えないのです。

ただ、理論的に考えると、

やはり巻き爪を起こしている爪の根元(生え際に近い部分)により近い部分に

ワイヤーを挿入し矯正力を働かせることが出来るこの方法は

やはり他よりも優れている点のひとつといっていいかと思います。

また、爪を極端に伸ばす必要がないので

矯正治療をしている間も

爪をすっきりとした長さに切っておくことが可能です。

また、深爪によってできた陥入爪などの状態でも

ワイヤー矯正が可能であるということも

優れた点といっていいと思います。

 

【この患者さんはVHOを希望されて・・・】 

P9020524a.jpg

P9020525b.jpg

 ・・・というわけで今のところ順調に巻き爪の矯正が進んでいます。
随分と悩まれていたようですが、VHOワイヤー矯正に切り替え、
約7ヶ月経過した状態の写真です。
食い込みによる痛みや炎症を起こしてしまうようなこともありません。
実に順調です。

 

話を戻します。。。 

 

矯正治療のコストは、

VHOがいちばん高いようです。

マチワイヤによる矯正治療は比較的リーズナブルですし、

自費治療ではありますが比較的受けやすい治療ということも言えますね。

どんな治療方法でも

患者さんの苦痛が取り除かれ、

費用対効果に見合ったものであればいいのだと思います。 

いずれにしても 

治療方法ごとに、いろいろと長所と短所がありますので 

どの方法が自分に一番あっているか、

よく検討し受診することが大切ですね。


今日は巻き爪のワイヤー治療のお話でした。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 15:43

2008年10月25日

親和クリニックの名画

みなさん、こんにちは。

 

親和クリニックの待合室には

実は、いつも名画が飾られていることをご存知でしょうか。

(以前にも親和クリニックブログで何度かご紹介しています花の絵。。。を。。) 

PA250548.JPG

 
親和クリニックに通院してくださっている、ある患者さんが

ご自分が描かれた水彩画を定期的に持ってきてくださり

このように花の絵が飾られるのです。

 

季節ごとの花のようです。

 

全くの花オンチの私は、何の花なのか、よくわかりません。

 

たいへん上手に、そして繊細に描かれているということだけはわかります。 

 

怪盗ルパンに狙われても不思議ではありません。。。

iconlupin.gif



それにしても

よく考えるとすごくありがたいことですね。

患者さんと、こういったことでも つながりが持てるということは。。。

ん~、これも地域密着型!

水彩画を提供してくださるこの患者さんに感謝!!

 

今日は、名画を通した地域密着型親和クリニックのお話でした。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 14:52

2008年10月24日

東京育明会の新人研修

みなさん、こんにちは。

当法人では、新入職員を対象に

定期的に新人オリエンテーションを開催しています。

都内に6事業所あるのですが

今回の開催は各事業所より5名が参加、

そのうち親和クリニックからは2名が参加いたしました。

ほぼ一日かけて、会社の成り立ち、方針やルールの説明。

接遇サービス、報告・連絡・相談などの研修を行います。

 

RIMG0010a.jpg

その中でも接遇サービス研修は、

当法人オリジナルで既存職員が自分達で作り上げた研修です。

これが、なかなか良くできていまして。。。

よそで講演しても恥ずかしくない内容です。

 

RIMG0012a.jpg

しかし、この接遇というものは、

言うは安し、、、で実際に現場で実践していくのは

そう簡単ではありません。

笑顔と思いやりを忘れず、患者様の満足を考えて行動する。。。

難度の高い技術です。

クリニックが混雑しているときなどは尚更です。

 

とはいえ、我々は医療というサービス業を提供している以上

いつも笑顔で患者さんをお迎えしたいものです。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

親和クリニックの職員の名札には

「いつも笑顔で対応します」の文字が!!
 

PA250551.JPG

サービス業の基本。

ずっと大切にしていきたいと思います。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 19:24

2008年10月21日

フットケア 看護実習

みなさん、こんにちは。

親和クリニックでは、

もう5年以上も前からフットケア外来を開設し 

かなりの患者さんの足の魚の目、タコ、角質、爪の変形、巻き爪等に

対応してきました。

やはり随分と認知されてきているようです。

yahooでも「フットケア外来」で検索すると1ページ目でヒットしていますし。。。

そういったこともあってか、

沖縄県立看護大学大学院の学生さん(看護師さん)から

親和クリニックのフットケアを看護実習として見学させてほしい、、、

との依頼があり、この時期、数回にわたり看護実習を受け入れることになりました。

やはり、実習とはいえ、

親和クリニックに相談をいただけたことはうれしいですね。。。

今後のフットケアの広がりに、

少しでも貢献していけるということは誇らしいことです。
 

PA170555pb.jpg 《写真左が看護実習生の方です》


でも、沖縄から実習のために親和クリニックまで???

と疑問に思っていたのですが

この疑問が先日、解消されました。

ご本人に聞いたんですが、、、

いま、 沖縄県立看護大学大学院では

遠隔地でも授業を受けられるようなシステムがあるようで、

インターネットやIP電話の環境があれば沖縄にいなくても授業が受けられるんだそうです。

え~、それって凄くない!?

思わず口に出してしまいました。

昔から、「蛍雪の功」などといいましたが

勉強するのに、できない理由はない、ということでしょうか。。。

苦労しながらでも、やろうと思えば方法はいくらでもある!

っていいますか、、、

世の中は随分と変わり、便利になったんですねぇ。

ひとつ勉強になりました!

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 11:49

2008年10月17日

地域密着型クリニック

みなさん、こんにちは。

ここ江戸川区平井は周囲を川に囲まれ、俗に言う中洲のようなエリアなんです。

ですからこの町を出ようと思うのであれば、

必ず川を渡らなければならないのです。

そんな江戸川区平井ですが、

この平井のメイン商店街は、かなり活気があり、生きた商店街といえると思います。

DSCF0029.JPG

DSCF0031.JPG

この商店街の出口(駅から離れたほう)付近に親和クリニックは位置しています。
 

sinwa.JPG


そんな立地ですから、当然地元の皆様が大勢訪れ、受診されるわけです。

地域密着型とはよく言ったものですが、

なるべく地域の皆様と近い距離感で医療と言う分野で貢献したい、、、

そう思って地域イベントなどにもできる限り参加したいと思っているんです。

年に何回かは、イベントの際の救護班をおおせつかり

怪我などの応急処置に対応できるよう協力しています。

そして、今年も来る10月19日(日)に開催される小松平井ふるさ祭りですが

これは、親和クリニックの在宅医療部門と連携をとってくれている

くすの木訪問看護ステーションの看護師さんたちが救護班を担当してくれることになりました!

 

微力ながら今後も地域密着型クリニックを目指し、

地域イベントなどにも参加協力していきたいと思っています。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。
 

投稿者 ikumei : 17:06

2008年10月15日

インフルエンザ予防接種

みなさん、こんにちは。

10月も半ばを過ぎようとしています。

季節的には過ごしやすいですし、紅葉も徐々に見られ、

また食も充実する、、、とってもうれしくなる時期です。

一方で、ぼちぼち冬支度も考えておかねば。。。

そしてもう時期、風邪やインフルエンザのシーズンとなります。

今年もインフルエンザ対策を万全にしておきたいものです。

万全に、、、というとその手段としては

やはりインフルエンザの予防接種が効果的ではないでしょうか。

親和クリニックでは、今年もインフルエンザ予防接種(予約制)を実施いたします! 


概要は以下の通りです。

  • 接種開始時期:11月1日~
  • 予約開始時期:10月20日~
  • 接種料金:
    ★65歳以上で江戸川区他東京23区で交付される接種票をお持ちの方
    ・・・・2,200円(税込み)
    ★それ以外の方(一般の方)
    ・・・・2,990円(税込み)
  • 予約方法:お電話(03-3684-7150)か親和クリニック受付窓口にて
  • その他:
    ★担当医(曜日)によって接種対象年齢が異なりますのでご予約の際にご確認下さい


詳しくはインフルエンザ予防接種案内をご覧下さい。

今日はインフルエンザ予防接種のお話でした。 

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 16:33

2008年10月14日

過敏性腸症候群(IBS)

みなさん、こんにちは。

早速ですが、

過敏性腸症候群(IBS)という病気をご存知ですか?

この病気、ちょっと聞きなれないかとも思いますが

意外に多いんです、「過敏性腸症候群(IBS)」で悩んでいる方。。。

ではどんな症状があるのか、といいますと・・・

        ●通勤途中などに急な腹痛や下痢でトイレに駆け込むことが多い

        ●いつも腹痛や腹部不快感がある

        ●いつ下痢になるか常に心配である

        ●いつも便秘気味である

        ●便秘と下痢が交互に起こる


思い当たることありませんか?

実は最近は親和クリニックでも、

この過敏性腸症候群(IBS)の症状を何とかしたい、

という方の受診が増加傾向にあります。

やはり、このストレスフルな世の中、

いろいろな悩みを抱えている方も多いことでしょう。

月曜日の朝や、営業に出かける前、会議の前などに

急に腹痛や下痢の症状が現れてしまうこの過敏性腸症候群(IBS)。。。

つまり、ストレス性の下痢症なんですね。

(特に困るのが下痢型の過敏性腸症候群ではないでしょうか)  

なんとも厄介な病気です。

しかし、ほとんどの方は内科、胃腸科などの専門医に受診することなく

薬局、ドラッグストアなどで下痢止め薬を買って飲んでいるとい現実。

忙しいとはいえ、これではちょっと心配です。

症状が症状だけに医者に相談に行きづらい、などと言う方も多いのかもしれません。

しかし、通勤途中、しかも満員電車などで

下痢などの症状が出てしまうのは、やはり辛いものです。

そういった悩みをお持ちの方、

しっかり内科、胃腸科で診察を受けてみませんか?

最近は即効性のある治療薬も出ています。

ぜひお時間を作って受診されてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しい過敏性腸症候群(IBS)の説明は、親和クリニックホームページ内

過敏性腸症候群(IBS)を確認してみて下さい。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 12:10

2008年10月10日

巻き爪は遺伝するのでしょうか。。。??

みなさん、こんにちは。

先日、親子で巻き爪の治療をしたいということで

お二人で受診された患者さんがいらしたんですが・・・

無事にVHOワイヤー矯正治療して帰られました。

 

そもそも 巻き爪って遺伝するんでしょうか。。。

んん~

親子で目鼻立ちが似るように

足の爪でもあり得なくはない、ですね。。。

けっこう、こういった方はいらっしゃいます。

「実は母も巻き爪で、、、」

「実は娘が巻き爪で、、、」

「実は主人も巻き爪で、、、」(これは遺伝ではありませんが、なぜかこのケースも多いです)

巻き爪は、爪の生え方、形、、またあしの指の形などが原因で

その結果を生んでしまうことが 多いので、

やはり「先天的(遺伝)である」ということは考えられると思います。

(これに関する文献などはあるのでしょうか。。。)

もちろん、日常の生活上、特に履物(先のとがったきつい靴、硬い靴、ハイヒールなど)が 

原因で起こることもよくあります。 

ですから、「なんだ、遺伝なんだったらあきらめるわぁ」などとは言わず

普段からの注意もしっかりと!ですね。

 

もうひとつの問題、 

巻き爪ではなく、「陥入爪」になると 話は別になります。 

陥入爪の多くは爪の切り方が原因です。

深爪やバイアス切りなどを頻繁に行ってしまうことで 陥入爪へまっしぐらです。

しかし、正しい爪の切り方を覚え、早めに修正していくことができれば

爪の生え方が正常化し、痛い思いをしなくて済むわけですから

ぜひその正しい爪の切り方をマスターしてほしいものです。

爪の切り方というのは、みなさん小さい頃からの習慣です。

お母さんの切り方が間違っていると、それが習慣となり

子供はいつしか陥入爪に。。。(これは本当によく見られるパターンです)

ですから私の提案としては、

秋の夜長に家族そろって爪の切り方研修会を開催!!

というのはどうでしょう。

研修資料は親和クリニックホームページ「正しい爪の切り方」をお使い下さいませ。

今日は、巻き爪は遺伝するのか?と、爪切りの話でした。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 12:40

2008年10月08日

内視鏡(胃カメラ)検査

みなさん、こんにちは。

昨日は、王監督が采配する最後の試合ということで・・・

試合の結果はどうでもいいでしょう!この際。

日本プロ野球界の一時代を築いてきたON(王と野村ではなく王と長嶋です)は

やはり偉大なんだと思います。 

これほどの人気と実力を兼ね備えた選手はもう出てこないのか。。。 

才能のある選手たちは皆、メジャーに行ってしまうことや

(イチローは別格ですね) 

プロスポーツが野球だけではなくなったことなども

日本プロ野球界のスター選手不在といわれる所以でしょうか。。。

 

私が期待する日本のスポーツ選手、、、

・錦織圭選手 (テニス) ・・・どうして「にしこり」と呼ぶのか未だに謎です

・上田桃子選手(ゴルフ) ・・・かなりの度胸を持っていそうです

・中村剛也選手(西武ライオンズ) ・・・ホームランをよく打つ

・ジュニーニョ選手(サッカー) ・・・すみません、ブラジル人でした。。。

 

王監督の話に戻します。 

とにかく50年間の野球界でのご活躍、ご尽力、本当にお疲れ様でした。

さてこの王監督ですが

以前、胃がんの手術をしたことは記憶に新しいところです。 

やはり、初期症状としては胃のもたれや胸焼け、食欲不振などがあったそうです。 

胃炎や食道炎、胃潰瘍などでも同じような症状がありますので、

このような胃腸症状があるのであれば

検査をしてみることが大切ではないかと思います。

一般的には、胃カメラ検査が有効といわれています。

胃の中に小型カメラを挿入し、しっかりと画像で確認できることは

診断・治療するにあたって、たいへん 有意義なことなのです。

01.jpg

 
胃カメラ検査は苦しそうだし、まだ検査は必要ない、、、などといって

たいていの方は問題を先送りにしてしまうことが多いようです。

しかし、検査の技術も向上し、皆さんが思っているほどは苦しくないと思います。

また、「時間がない」という方もいらっしゃると思います。

そんな方には、土日の胃カメラ検査にも対応しておりますので

心配ありません。

検査をした方々の多くは「やってよかった」とおっしゃいます。

胃のむかつき、胃のもたれ、胸焼け、げっぷ、食欲不振、、、などの胃腸症状が

気になる方は、一度受診してみてはいかがでしょうか。

 

詳しい診療の案内 ⇒⇒親和クリニックの胃カメラ検査 

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 10:39

2008年10月06日

バナナダイエットって・・・

みなさん、こんにちは。

最近、どうもバナナダイエットってやつが話題になっているようですが・・・

 

小生、ほとんどテレビを見ることがないので

いつ、どの放送局で取り上げたのかはよくわかりません。

どうも、「朝、バナナを食べるとメタボが撃退できる・・・」みたいな特集があったようですね。

果たして、その情報、 信憑性についてはどうなんでしょうか。

ダイエット方法としては良いものなのかもしれませんが、

以前にもどこかの健康情報番組でデータの改ざんや過大な表現などが問題となりましたし

ちょっと 心配です。

といいますか、、、

もっと心配なのは、メディアの影響をもろに受けてしまっている日本国民か、、、

こっちのほうが心配ですね。

(個人的にはたいへん根が深い問題だと思っています。) 

本当にいいかどうか、試してみよう!っだったらまだいいのですが

100%信じ込んでしまうようならちょっと危険!?

きっとそのうち朝のリンゴダイエットや昼のいちじくダイエット、

夜のパイナップルダイエット、深夜のキュウイダイエットなど

いろんなダイエットが出てくるんじゃないでしょうか。。。

(ゴールデンキュウイ、けっこう美味しいですね、関係ありませんが。。。)

そんなことになっても、

リンゴやいちじくやパイナップル、そしてキュウイをやたらめったら買い占めることなどは

お願いですからやめて下さい!


とにかく今、


わたしは、


好物のバナナが手に入らなくて困っているのですから。。。


バナナの二の舞は御免です。
 

 

メタボリックシンドロームとは、
内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいう。
日本場合、以下の基準が設けられています。

・肥満:腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の状態若しくはBMIが25以上
・高血圧:収縮期血圧(上)が130mmHg、拡張期血圧(下)が85mmHg以上
・高血糖:空腹時の血糖値が110mg/dl以上
・高脂血症:中性脂肪値が150mg/dl以上若しくは善玉(HDL)コレステロール値が40mg/dl未満

これはメタボ検診にもそのまま採用されており、この条件を肥満+他のどれか一つが満たしている場合は、メタボという判断が下され、メタボ検診における指導を受ける事になります。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 14:27

2008年10月02日

清原選手の膝(ひざ)

みなさん、こんにちは。

昨日は、清原選手の現役最後の試合ということでかなりの注目を浴びていましたね。

セレモニーの豪華さも清原選手のこれまでのプロ野球界への功績を物語っていたものだと感じました。

長渕剛、きちゃってましたね。 

でもいつからあんなに筋肉質なってしまったのでしょうか。。。。剛

筋肉量に比例してか、何となく昔より 声が太くなっているように感じたのは私だけでしょうか。

順子♪のころが懐かしい・・・

長淵剛

 

話を戻しますと、

やはり清原選手の膝は限界だったんでしょうね。

スイングを見ていても踏ん張りが利いていないように見えましたし。。

左大腿(たい)骨関節軟骨移植手術をしていると報道されていますが

この状態ですと、当然強い痛みが続いていたでしょうし、

練習自体も思うようにできなかったはず、

きっと膝には水がたまってしまうなどの症状もあったのではないでしょうか。


※膝に水がたまってしまうことを関節水症といいます。
下の図で言いますと関節包の中に関節液(いわゆる水)がたまってしまいます。
そもそも関節内には適量の関節液があり、
関節が運動しやすいように潤滑液のような役割を担っています。
一般的に、関節内に水がたまってしまうと関節がはれてしまい、
痛みも出ることが多々あります。
水を抜くと比較的すぐに症状が楽になることが多いので、
整形外科では膝関節に注射針を刺して関節液(膝にたまった水)を抜く治療がよく施されます。
合わせて薬を注射することもたいへん有効です。
「水を抜くとクセになる」と思われている方が多いのですが、
正確に言うと、水を抜いた後、また膝に負担をかけたり必要な治療をしなかったりすると
再び水がたまる、と考えたほうがいいかと思います。
ですから、「クセになる」というのは誤解です。

膝

 

清原選手の場合、プロスポーツ選手ですし

この膝の怪我は、大きな問題となったことは容易に想像できます。

(となると・・・やはりタイガーウッズの膝も心配ですね) 

ここまでの忍耐力に本当に敬意を表したいと思います。

今日は、清原選手の現役引退と膝の関節水症のお話でした。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 08:33

Entries

Archives