親和クリニック情報 江戸川区 整形外科 スポーツ整形 禁煙外来 睡眠時無呼吸症候群 巻き爪治療 日曜診療:東京都江戸川区平井にある親和クリニックです。整形外科、スポーツ整形、内科、リハビリテーション科などがあります。

« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月30日

デジタルX線画像診断システム

みさなさん、こんにちは。

今週から親和クリニックのレントゲンシステムが

フィルムレスのデジタルX線画像診断システムに変更になりました。

デジタルX線画像診断システム

フィルムレスですので、フィルムをプリントアウトすることはありません。

その代わり、パソコンのディスプレイにレントゲンの画像を映し出します。

拡大操作もできますので、より正確な診断が可能になり

患者さんにもメリットがあるのではないかと思います。 

デジタルX線画像診断システム 

今日は、親和クリニックのレントゲンシステムが、

デジタルX線画像診断システムに変更になったというお知らせでした。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 09:54

2008年09月29日

あおよこ皮膚科クリニック

みなさん、こんにちは。

今日は皮膚科クリニックをご紹介いたします。

東京都品川区南品川に あおよこ皮膚科クリニックがオープンしたんです。

院長は田嶋徹先生。

実は江東区亀戸のひまわり皮膚科の初代院長です。

私はこの田嶋先生を(勝手にですが)伝説の皮膚科医と呼んでいます。

何てったって、当時ひまわり皮膚科院長時代、、、

もう5年位前になるでしょうか。。。

かつてオリコンが調査した「診てもらいたい医師ランキング」

・・・(確かこんな感じのタイトルだったと思いますが・・・)・・・

で上位にランクインした、そう!伝説の皮膚科医なのです。

(あくまでも私が全く個人的に言っているだけです) 

っていいますか、とにかくとってもやさしい、そして丁寧な治療をしてくれる先生ですよ。。。

信頼できる先生です! 

小生、先日の開院の際の内覧会には残念ながら出席できませんでしたが、

心ばかりのお祝いを送らせていただきました。

京浜急行の青物横丁駅から徒歩2分のところのようですので

その付近にお住まいの方で皮膚科疾患でお悩みの場合は

受診してみてはいかがでしょうか。

詳しい内容(田嶋先生の顔やクリニックの地図など)を知りたい方は

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ くりっくッしてください。

あおよこ皮膚科クリニックHP 

今日はひまわり皮膚科初代院長、田嶋先生があおよこ皮膚科クリニックを開院された!というお話でした。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 19:01

2008年09月26日

今年のインフルエンザ

みなさん、こんにちは。

アメリカの投資会社が経営破綻し、お彼岸も過ぎ、王監督が辞任し、

麻生内閣が発足し・・・

今月はかなり忙しい月になっています。。。

そんな中、江戸川区医師会よりこんな報告が入ってきたんです。

区内の小学生が早くもインフルエンザにかかったと・・・ 

数日したら2人目のインフルエンザ患者さんが報告されてきました。

んん~ん、今年は流行時期が早いかも・・・

そんな気がしてきました。

世間では新型インフルエンザへの意識も高まってきています。

特に東京都はかなりの予算を取って本気モードで準備しているように感じています。

今年のインフルエンザは例年以上に十分な予防対策が必要のようですね。

まだ、早いんじゃない !? と思っている方も。。。

そんなこともないんです、もうあと1ヶ月もすると

インフルエンザの予防接種の予約受付をスタートする時期になりますから。

また、情報が入りましたら皆さんにご報告いたします。

今日はほんのちょっとだけ早いインフルエンザに関するお話でした。 

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 18:50

2008年09月17日

遠方から巻き爪の治療に・・・

みなさん、こんにちは。

今日、巻き爪の治療(VHOワイヤー矯正)にいらした患者さん、

茨城県水戸からアクセスしていただきました。

このことだけで感謝です!

ちなみに、いちばん遠い地域から来院された患者さんは青森からです。

上には上がいますねっ! 

これからも皆さんのご期待に副える巻き爪治療をご提供したいと思います。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 17:51

2008年09月12日

どっちが痛い?

みなさん、こんにちは。

今週は巻き爪のワイヤー矯正を希望される方からの問い合わせが多く

初診の予約を4名ほどお取りしました。

これまで、たくさんの巻き爪を拝見していますが

やはり、巻き具合(変形の度合い)は様々です。

完全にUの字なってしまっているもの、のの字になってしまっているもの、

通常よりも少しだけ爪が内側に入り込んでいるもの・・・

 

P5200467.JPG

CIMG1043.JPG

DSCF0009.JPG

そして、それぞれの痛みは?というと・・・

これもまた様々です。

少ししか巻いていない状態でもかなり痛みを感じてしまう患者さんもいれば

すごく巻いてしまっているのにあまり痛みのない患者さんもいます。

これは、けっこう不思議な感じがします。

【クイズ】

上記3枚の巻き爪の写真があります。この中で受診時に巻き爪による痛みがほとんどなかった症例はどれでしょう。
答えは、最後に。。。


また、 

痛みは痛覚との関係がありますし、痛みの閾値といって、いわゆる痛みに強い人、弱い人

という要因からか、本当に人それぞれなのです。(もちろん生活や仕事の関係もありますし)

今日来院された患者さんも、

「巻き具合はそれほど酷くないけれど、やはり強い痛みを感じる、、、」

「ホームページなどで巻き爪の症例を見ると自分の巻き爪は大したことがないし、

こんなんで受診していいのかしら・・・」 などと考えておられたと。

こう考えている方はけっこう多いようです。 

ここで私どもからの意見を述べますと、

「爪の巻き具合と痛みの強さは比例するとは限らない!」 ということです。

このことは皆さん、ぜひ覚えておいて下さい。

これからワイヤー治療で巻き爪を治していきたいと考えている方、

巻き爪(変形度合い)がそれほど酷くなくても、痛みが強く出てしまうケースはあるのです。

ですから、治療を考えるのであれば、やはり「痛み」がポイントになると思いますので

「痛み」があるならば、「これくらいの巻き爪で受診していいのかしら・・・?」などと思わずに

まずはご相談下さい。

治療対象となることがたくさんありますよ。

そしてこのVHOワイヤー矯正は、そのつらい痛みを早急に軽減させることが可能です。

これもVHOの優れた点なのです。

今日は、クイズも含めた巻き爪の変形度合いと、その痛みについてのお話でした。

【クイズの答え】

真中の写真の症例です。 


江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 16:13

2008年09月09日

両国にある下肢静脈瘤専門治療クリニック

みなさん、こんにちは。

最近の何かと話題となっている相撲界、大荒れですね。

トップが替われば済む話でもありませんが、

やはりこれまでの対応は首を傾げたくなることが 多かったですし、

当然の人事では・・・

と時事問題を語ってしまいましたが、実はその相撲のメッカ、両国に

親和クリニックと経営を共にする両国あしのクリニックという

下肢静脈瘤を専門に治療しているクリニックがあります。

だからこの相撲界の問題も内心、人事ではないんです。 

両国あしのクリニックの近くにも相撲部屋が多数ありますし、

よく周辺でお相撲さんを見かけますし、 

墨田区亀沢にある錦戸部屋のおかみさんにも以前会社のイベントの際、たいへんお世話になりましたし、、、

水戸泉

(※錦戸部屋・・・かつての人気力士、水戸泉さんの部屋です。 )

人事(ひとごと)ではないんです。

何とか、相撲界もファンの信頼を回復してほしいものです。

 

それで、その両国あしのクリニックですが、

実はほぼ年中無休状態で毎日、下肢静脈瘤の診療をしているんです。

血管外科を専門とする先生たちの協力の下、 土日や祭日も診療をしているのです。 

両国あしのクリニック

これは、「週末の休みを利用して下肢静脈瘤の日帰り手術を受けていただこう 」という配慮から、

長く続けている両国あしのクリニックの診療スタイルです。

特に会社勤めの方々には たいへん喜ばれています。

また、下肢静脈瘤の手術数も年間で毎年800件を超え、

日本でも屈指の実績を誇る本物の治療を受けられる数少ない専門クリニックなのです!

下肢静脈瘤でお悩みの方は、この病気についてわかりやすく説明するオリエンテーション

ほぼ毎月、参加無料で開催していますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

きっと解決策が見つかると思いますよ。 


今日は、話題の相撲界と超話題の下肢静脈瘤専門治療クリニックのお話でした。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 18:04

2008年09月08日

悩める爪

みなさん、こんにちは。

いやぁ~先週末、巷では、

ワールドカップ最終予選とやらで どうやら盛り上がっていたようですが・・・

しかし闘莉王、ナイスヘッドでしたね。オウンゴールでしたが。。。

あと遠藤のコロコロPK。あれ、やられた相手GKはなかり腹立つんじゃないですか!? 

蹴ってるほうはもちろん大真面目なんでしょうが、

蹴られたほうは「馬鹿にしてんのか! もっと気合を入れて蹴れよ!」って言いたくなるでしょう。

日本サポーターの一人としては、見ていて何だかほくそえんでしまいます。さすが遠藤!!

 

さて、 爪の話ですが

巻き爪の治療をしていますと、たくさんの問い合わせをいただきます。

最近多いのは、これまで巻き爪で悩み、いろいろな治療をされてきた方々からです。

・手術をしたが、また爪が巻いてきた・・・
・プレートをつける巻き爪治療をしてみたがすぐに取れてしまい、よくない・・・
・あしの指の皮膚にテープをはって爪の食い込みを和らげているが・・・
・マチワイヤをやっているが爪を伸ばさなければならないので、ストッキングにひっかかってしまって・・・

などです。

これまでいろいろと矯正治療をされてきた皆さんがたどり着く治療。。。

それがVHOワイヤー矯正なのです。

VHO

しかし、どの治療法もやはり一長一短があり、

すべての条件をクリアできる最高の治療というのはないんです。

どの治療をしても巻き爪が再発してしまうこともありますし・・・

なんとも悩ましいのですが、それが現実です。

そうは言っても、この巻き爪を何とか治療しなければなりません。

親和クリニックでは、このVHOという治療法が巻き爪を矯正していく上で

いちばん理論的で効果の期待できる方法であると判断し平成15年から採用しています。

これまでの治療法で、どうもうまく改善しない、ちょっと不安だ、、、などという方は

一度ご相談いただけるといいと思います。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

投稿者 ikumei : 11:14

2008年09月06日

ばね指の保存療法

みなさん、こんにちは。

昨日、帰宅途中にコージーコーナーのモカエクレアが食べたくなって

久しぶりに寄ってみたんですが、、、、

値上がりしてたんですね。

知らなかったんです。115円になっていました。

世間では物価高と騒がれていますが、

正直なところ、ガソリン以外は実感することは全くなかったんです。

このモカエクレアで実感するとは夢にも思わず、、、、

すみません、個人的なことで本日のブログの幕開けとなりました。

さて、

ばね指の治療についてですが、

通常、保存療法と手術療法の二つが考えられます。

やはり、まずは保存療法で様子をみていくのが一般的です。

親和クリニックでは、ばね指や腱鞘炎に効果のあるとされる半導体レーザー治療を

取り入れています。

痛みのある部分にこのレーザーを照射し炎症を抑える治療です。

半導体レーザー治療

このレーザーはその効果が深部にまで浸透しますので

ほかの温熱療法や低周波の電気治療などよりは効果的といわれています。

実際には、レーザーを当ててもピリピリ感じたり、熱くなったり、ということもありません。

若干ですが当てている部分に、ほんのり温かさを感じる程度ですので

治療時に何か苦痛を覚えるということはありません。

安心して治療を受けられると思います。

しかし、なかなか思うように症状が取れてこないのが「ばね指」、「腱鞘炎」です。

数週間から数ヶ月の保存療法で改善が見られない場合は、

患部への注射や手術も検討したほうがいいかもしれません。

ばね指や腱鞘炎の症状がある方は、あまり我慢せずに

早めにご相談いただけるといいと思います。

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 12:06

2008年09月05日

9月の休診日

みなさん、こんにちは。

9月になっても残暑が厳しいですね。

こんな時期に「夏バテ」なんてこともよくありますので

おいしいものを食べて、よく睡眠をとって、涼しくなるまで何とかこらえましょう!

また、9月は食中毒も増えるそうですので十分注意して下さい。

そして本日も暑い中、大勢の患者さんが来院されています。

親和クリニックのご利用、感謝申し上げます!

さて、9月の休診日をお知らせいたします。

9月15日(月)、23日(水)は祝日のため休診となります。


※比較的すいている曜日の情報をお知らせいたします。 (ここ最近の傾向ですが・・・)

火曜日、金曜日、土曜日の午後、日曜日です。 

ご参考まで。 

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

投稿者 ikumei : 11:10

2008年09月04日

正しい爪の切り方

みなさん、こんにちは。

今日は爪の切り方についてのお話です。

親和クリニックには、巻き爪や陥入爪で悩んでいる患者さんが

大勢いらっしゃいます。

親和クリニックでの治療方法としては、

「VHOワイヤーによる爪の矯正術」か「手術」かの大きくはふたつです。

巻き爪や陥入爪になってしまう原因なんですが・・・

もうご存知の方もいらっしゃいますね。そう!

先のとがったきつい靴を履き続けてしまうこと。と

爪を短く切り過ぎてしまうこと。ですね。

後者の爪の切り方については、本当に誤って認識してしまっている方が多いです。

爪の先の白い部分を残しておくのが気になる、、、と、

心当たりありませんか?

そして爪の両端(角)をしっかり切り落としてしまう。。。。

これは御法度!です。

しかも皆さん、これを何回も繰り返してしまうので、それがまた問題です。

正しい爪の切り方は、親和クリニックホームページ上にアップしていますので

ぜひともご確認下さい。→足の爪の切り方

これまで、正しい爪の切り方なんて誰も教えてくれなかった!学校でも!

小さいころから、気付いたらありがたいことに母親が、、、

深爪+バイアス切り!これは 必殺!陥入爪への道 一直線です。

そうだ、家族で正しい爪の切り方を習得しましょう!!(これ、けっこうポイントです!)

正しい爪の切り方ができていれば、

陥入爪や巻き爪が、かなり防げるわけですから。

もちろん他の要素もありますので 100%という訳にはいきませんが。

今日から合言葉は「角は切らずに、ちょっと長めに!」

これで行きましょう!

 

江戸川区平井にある親和クリニックでは、
内科、整形外科、外科、胃腸科、リハビリテーション科、
特殊外来(靴外来、フットケア外来、巻き爪ワイヤー矯正治療、ED、プロペシア)などの診療をしています。

 

投稿者 ikumei : 09:13

Entries

Archives