親和クリニック情報 江戸川区 整形外科 スポーツ整形 禁煙外来 睡眠時無呼吸症候群 巻き爪治療 日曜診療:東京都江戸川区平井にある親和クリニックです。整形外科、スポーツ整形、内科、リハビリテーション科などがあります。

« 2005年11月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月24日

人に優しい巻き爪矯正法

bf86dba5.jpg

手術をせずに保存的に矯正治療するVHO式巻き爪矯正術

VHOによる巻き爪矯正術は従来行なわれてきた手術療法ではありません。
ワイアをかける時も、苦痛が少なく、たいへん体に優しい、そして確実に爪の変形が矯正できる方法です。


ですから「手術はなるべく避けたい」という方にとってはたいへん喜ばれています。


【写真】かなり変形の強い巻き爪でしたが、VHOを3回行い、いい状態に戻ってきました。この方は、ご覧のとおり外反母趾も患っていますので爪への 不自然な圧迫が巻き爪の原因のひとつだったのではないかと考えます。VHOとあわせて指の間にシリコン素材の外反母趾矯正簡易装具を挟み、治療を継続して います。

投稿者 ikumei : 15:22

2005年12月19日

12月23日は休診です

今週12月23日(金)は祝日のため休診となります

今シーズンはインフルエンザの話題が尽きませんが、当クリニックでも若干名インフルエンザの検査で陽性が出た患者さんがいらっしゃいました。流行はこれから、といったところでしょうか。
また、インフルエンザではなく、風邪で受診される患者さんはこのところたいへん多くなってきています。胃腸炎を伴うケースが急増していますので皆さん体調管理には十分注意してください!

今週はXmas week! SANTA  please stop here!!

投稿者 ikumei : 15:24

2005年12月15日

あしのトラブルと靴

あしを守り、快適な歩行をサポートし、そしてあしや膝の痛みにも係わる「靴」について皆さんどれくらい意識し注意を払っているでしょうか・・・。

日常、たいへんにかかわりの強い「靴」ですが、おそらく特に気にすることなく履かれていることと思います。

フットケアの先進国ドイツでは、子供時分から、親があしに合った靴を意識して選び正しく履かせ、合わせて歩き方も教育するそうです。

度々ご案内させていただいていますフットケアに合わせてあしのトラブルにたいへん有効なのが、実はこの靴による治療です。

ハイヒールやおしゃれ靴が多く出回り、機能性よりもファッション性を重視するあまり、あしに合わない靴を長く使うことで生じるトラブルが非常に多くなっているのです。

親和クリニックでは、フットケアと合わせて靴の専門外来を設けています。

その人に合った靴、治療を目的とした靴を専門業者と協力して製作します。
その人の足の形状、体重のかかり方や足の症状をもとに靴を選び、インソール(靴の中敷き)をしっかり作り込みますので、出来上がりはとてもフィット感のある気持ちのいい履き心地が実感できます。

歩いていても安定感があり、痛みの症状も改善します。

 

こ んなことを言う先生がいました。
「日本人はいくつもブランド物のバックを何万円も出して買い込むが、本当に大事な靴にはお金をかけようとしない。物の価値 を見極め必要なものにしっかりと投資をすることが大切です」と・・・。
そう考えると、従来の靴を買う感覚としては少々値が張ると思われるかもしれません が、実は安い買い物なのかもしれません・・・。

投稿者 ikumei : 21:54

2005年12月12日

リフレクソロジー

d2be8f79.JPG

デイサービス・くすの木リハビリクラブにて・・・

くすの木リハビリクラブでは12月よりリフレクソロジー(英 国式足裏マッサージ)の導入を開始いたしました。
これまでの筋力・バランストレーニングに合わせて転倒および介護予防の一環でこのリフレクソロジーを取り 入れています。




まず、ハーブ入りのフットバスで足の血行を促進させ、足裏のマッサージに移行します。

マッサージはソフトな刺激ですのでたいへん気持ちよく リラックスもできます。
一人でも多くのご利用者様にこのリフレクソロジーを体験していただき健康増進に役立てていただければ・・・と思っております。

(日本リフレクソロジー協会の認定資格を取得したものが施術を担当いたします)

★くすの木リハビリクラブからのお知らせでした★

投稿者 ikumei : 15:25

2005年12月07日

ビーサンもありなのだっ!

be052744.JPG

先日ハワイホノルルのストラウブホスピタル(Straub)という総合病院を訪問・見学してきました。
(血管外科と足医の先生方にお世話になりました。)
アメリカには「ポドロジスト」という足病医がおりまして、足に関するトラブルを一手に引き受けるような役割をしています。




こんな患者さんがいらっしゃいました。股関節に問題があるため、歩行が思うように行かず、やはり足や足裏に負担がかかってしまっていました。
その 日は、どうやら足の裏に魚の目ができており、それが痛くて受診したようです。
日本であれば魚の目治療と合わせて、シューズ(中敷きなど)の確認をします が、そこはハワイ!ビーチサンダルをチェックし、そこに直接、簡易足底板を作って加工していました。
全く本当にアロハ~な光景でした。 (ブログ管理者)

投稿者 ikumei : 15:26

2005年12月05日

インフルエンザは・・・

今シーズンのインフルエンザ対策はお済でしょうか・・・

江戸川区医師会からの報告によると早くも葛西地区で数名、インフルエンザ発症患者ありと・・・。
まだ平井・小松川地区での発症報告はありません。
し かし油断は禁物!これから本格的な寒さがやってきます。
なるべく人ごみを避け、マメに手洗いとうがいを行なって、しっかり風邪予防をすることが肝要です。

★インフルエンザワクチン、現在のところ数に若干の余裕があります。
まだ、予防接種がお済でない方はお気軽にお問合せ下さい。

投稿者 ikumei : 15:27

Entries

Archives